足場工事マガジンは「足場工事会社の経営支援・営業代行・職人採用支援 職人定着支援」をサポートする足場ベストパートナーが運営しています。

足場工事の未来ch

足場のはしご(梯子)の設置基準は?オススメ購入先を紹介

はしごには大きく分けて「固定はしご」と「移動はしご」の2種類があります。移動はしごとは、はしごを移動するときに持ち運びできるタイプの梯子のことです。固定はしごとは、ビルやタンク、マンホール、鉄塔、倉庫、煙突、橋梁などに取り付けられた、移動することのできないはしごのことです。

今回は、移動はしごでの墜落防止基準について取り上げます。

Youtubeついに解説!足場工事の未来chYoutubeついに解説!足場工事の未来ch

動画のサムネイル
  • 足場工事の基礎知識や最新テクニックを動画で分かりやすく解説!
  • 全国の優良足場工事会社の社長から経営&採用ノウハウが学べる!
  • 足場工事の仕事がどんどん増える営業テクニックも紹介!

動画を見る

足場のはしご(梯子)の設置基準は?

過去10年間に建設業で発生した墜落災害と、はしごに起因する災害の発生件数を調べると、建設業の墜落に起因する死亡災害は10年前と比較すると減少傾向は見られますが、近年はまた増加に転じつつある状況にあります。
はしごに起因する墜落死亡災害は10年間で減少傾向がありません。墜落死亡災害に占める割合は4%台から7%台と大きくなってきています。
これらのはしごからの墜落死亡災害について、工事種別で比較すると、その半数以上を占めるのが建築工事であるようです。

屋根上での作業には地上からの昇降が伴います。その際の安全対策を怠ると、大きな災害につながる危険性があります。
一般的に利用されることの多い移動はしごは、家庭や職場に多くある身近な用具であるものの、知識不足や誤った作業方法などに起因して、死傷災害も毎年数多く発生している状況にあります。

足場のはしご使用方法のポイント

はしごの使用方法で注意すべきポイントなどをご紹介します。

  1. はしごは補助者が支えること
  2. 設置場所は安定した水平で堅固な場所とすること(ぬかるんだ場所は避ける)
  3. 変形したはしごは使用しないこと
  4. はしごの立て掛け角度は約75度にすること
  5. はしごの先端の突き出し長さは屋根軒先より60㎝以上とすること
  6. 連はしご(2連、3連)は、メーカーの取扱説明書に従い使用すること
  7. 両手および片足の3点支持の状態で昇降を行うこと
  8. 上昇後は、はしごの転位を防止するため、上端部、下部の固定を行うこと

足場のはしご(梯子)のオススメ購入先は?

足場のはしごは近所のホームセンターなどで実際に物を見て買うのがベストですが、オススメの通販サイトもあります。

モノタロウ

MonotaRO.com(モノタロウ)は製造業・自動車整備業・工事業の消耗品、工場交換部品をはじめ、整備工具やタイヤ・足回り品、各種工事業関連用品、事務用品といった間接資材と呼ばれる商品を販売しています。

AXEL

AXELは取扱点数200万点以上、16時までの注文は当日発送、お買い上げ金額3,000円以上で送料無料という強みをもつ通販サイトです。

体裁商品は現場で必要なものはあらゆる消費が続々と追加されており、ホームページで素早く商品を探すことができます。

まとめ

過去10年間で移動はしごの使用方法の間違いから死亡事故が増加しています。一般的にも利用されることの多い移動はしごは、家庭や職場に多くある身近な用具であるため間違った使い方をすると事故を起こしやすくなります。
梯子は近所のホームセンターで探すのが良いですが、MonotaROやAXELなどの現場作業用品の通販サイトから購入可能です。

Youtubeついに解説!足場工事の未来chYoutubeついに解説!足場工事の未来ch

動画のサムネイル
  • 足場工事の基礎知識や最新テクニックを動画で分かりやすく解説!
  • 全国の優良足場工事会社の社長から経営&採用ノウハウが学べる!
  • 足場工事の仕事がどんどん増える営業テクニックも紹介!

動画を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

Youtubeついに解説!足場工事の未来ch Youtubeついに解説!足場工事の未来ch

動画をチェック!