足場工事マガジンは「足場工事会社の経営支援・営業代行・職人採用支援 職人定着支援」をサポートする足場ベストパートナーが運営しています。

足場ベストパートナー公式サイトはこちら

足場のレンタル価格はどのくらい?相場をご紹介

 

家屋の外壁塗装工事や建設・解体作業に必ず設置しなければならない足場ですが、自社での取り扱いがない場合には他社からのレンタルが必須となってきます。

外壁を取り囲むようにして設置するため相応の数量が必要ですので、現場での採寸と足場設置のビジョンを明確にした上で試算し、その後業者との契約に進むといった流れが一般的です。

レンタル価格の相場を知っておくと、見積り段階での話し合いもスピーディーに進めることが可能になります。

 

今回は外壁塗装に関する足場の相場価格をご紹介します。

 

施工を業者に委託する場合の足場の設置面積の算出と足場費用の相場

足場をレンタルするにあたって、まず現場の状況から外壁に対して使用する足場の形状や設置面積を明確に試算しておくことが重要です。

大抵のレンタル業者の場合、足場の貸し出し・設置料金は「面積(1㎡あたり)」で算出します。足場架のべ面積を求めるか、宅地の坪数を業者に伝えて見積もりをしてもらうと便利です。自身で試算する場合は前者の方法を用いるとおおよその把握ができます。

 

足場架面積=(家の外周+足場から外壁までの距離値)×高さ

 

この算出した値を元に足場費用を概算します。

 

一般的に足場設置費用は1m²あたり700円~1000円の間が相場で、飛散防止ネットは100円~200円が相場となっています。

 

なお、足場費用の中に飛散防止ネット(塗料等が風の影響を受けて飛散するのを防止するネット)のレンタル料が含まれている場合が多いので、足場設置費用と共に試算しておくと良いでしょう。

 

足場費用=足場架面積×(足場設置費(700円~1000円)/㎡+飛散防止ネット(100円~200円)/㎡)

 

上記が足場費用の概算方法になります。

 

二階建て戸建て住宅の場合、大きさによりますが15~20万円前後は足場費用としてかかることが多いようです。これに施工費用や諸費用を合わせたものが業者に支払う金額となります。
足場費用とは、ただ足場やシートを設置、解体する以外にも作業期間中の足場やシートのメンテナンスも含めた金額となっているため、少し高いと思っても業者に依頼する相場としては妥当な金額と言えるのではないでしょうか。

 

 

足場のみをレンタルする場合の足場費用の相場と注意点

施工にかかる費用を抑えたいという思いは誰しもあるものです。技術や知識を有した方であれば、業者に足場のみを貸し出してもらい施工するといった方法もあります。

 

ただし、しっかりとした足場組立て技術を要する上に国家資格を持つ労働者を配置することも義務付けられているためレンタルにおける契約内容もきちんと理解しておく必要があります。

 

費用の相場としては一般的に使用されているビケ足場の場合、30日間のレンタルでおよそ20万円程かかる場合が多いようです。これも敷地の大きさや現場の状況によって増減があります。

しかし外壁塗装工事は天候による作業の遅延やアクシデント等も付き物で、延長加算料金が発生する場合もありますのであらかじめ約款をしっかり確認しておきましょう。

 

また、業者に依頼する場合も個人施工で足場のみをレンタルする場合も、相場より安すぎる業者については注意が必要です。
「足場代無料」を謳っている業者の多くはその他の費用で上乗せし、相場より高くなってしまうケースもあるようです。

 

 

まとめ

足場は高所作業において安全かつ適切な作業環境を保つために必要不可欠なものですので、多少費用を割いてでも確実に設置することが重要です。今回ご紹介した外壁塗装の足場設置費用に関しては、業者委託も個人施工も足場のレンタル費用について大きな差は見受けられないようでした。

その他の費用のところで業者ごとの差別化を図り、また労働状況や現場の環境に合わせて選択することをおすすめします。

足場工事作業員のイラスト

あなたの足場工事会社のお悩み相談してみませんか?

足場ベストパートナーの一員になって
あなたの足場工事会社のお悩みを解決しませんか?

  1. 全国100社以上の優良足場工事会社と提携可能!
  2. 「視察会」の参加で他の足場工事会社のノウハウを学べる!
  3. 「仕事不足」に困らない!横のつながりを強めて継続受注!

月額費・会員費0円!無料会員随時募集中!

特設ページで詳細を見る