足場工事マガジンは「足場工事会社の経営支援・営業代行・職人採用支援 職人定着支援」をサポートする足場ベストパートナーが運営しています。

足場工事の未来ch

単管足場クランプの組み方や使い方、価格や特殊クランプなど紹介

単管足場を組むことになれば、単管パイプとパイプをつなぐためのクランプが必要になります。
何度も繰り返し使用するものですので、無頓着になってしまいがちですが、様々な種類や用途について知っておくことが、効率よくより安全な作業に生かされます。

そこで今回は、単管足場クランプの組み方や使い方、価格や特殊なクランプの種類についてご紹介いたします。

Youtubeついに解説!足場工事の未来chYoutubeついに解説!足場工事の未来ch

動画のサムネイル
  • 足場工事の基礎知識や最新テクニックを動画で分かりやすく解説!
  • 全国の優良足場工事会社の社長から経営&採用ノウハウが学べる!
  • 足場工事の仕事がどんどん増える営業テクニックも紹介!

動画を見る

単管足場クランプとは?組み方や使い方

まずは単管足場に使うクランプの種類や組み方、使い方についてご説明いたします。

クランプは主に以下の三種類で、単管パイプと組み合わせて用います。
足場のパイプを締め付ける金具のことで、足場を組む際にパイプをしっかりと固定するために使用され、2本または3本の単管パイプに対して1つ使用します。
クランプには、パイプを通す穴と締め付け用のナットが付いており、このナットで締め付けることでパイプが固定されます。
足場クランプの締め付けトルク(締め付け力)は250kg/cm〜350kg/cmトルクが適当だとされています。

直交型クランプ

最も多くの使用されるクランプです。2本の単管パイプを垂直に組み合わせる際に使用します。
直角を保つことができ、強度が強いのが特徴です。

自在型クランプ

直交型クランプだけでは強度が不足する場合に、補強のために使用されるクランプです。

3連クランプ

直交型または自在型に、さらに1本の単管パイプをつなぎあわせるために使用します。
強度が足りない場合や、垂直の組み合わせだけでなく単管パイプを斜めに通したい場合に使用します。

特殊な足場クランプの種類

続いて特殊な足場クランプの種類もご紹介いたします。

羽子板クランプ

建設仮設資材の定番品。単管パイプと壁面を固定して、足場が倒れないようにするための壁つなぎ的な役割で重宝されています。ホームセンター等では見かけることがなく、建設仮設業界における特殊クランプと言えるでしょう。

キャッチクランプ

単管と鉄骨をつなぐ際に使用します。羽子板クランプと同じように壁つなぎ的な役割を担います。

筋交い止めクランプ

変形足場の根絡みや大筋交いや仮囲い支柱の固定に用います。

幅木止めクランプ

枠上に設置した幅木や足場板を固定するために使用します。

このようにクランプは様々な用途を実現できるよう考えられ、企業努力によって進化しています。
価格等も種類によって様々ですので、その都度ご確認ください。
主となる3種類のクランプ同様、まとめ買いや中古購入もオススメです。

足場クランプの価格は?

直交型クランプや自在クランプの価格相場は1個あたり200円〜400円程度です。
単管足場を組み上げるとなると複数使用しなければなりませんので、30個〜50個でセットになっているものを購入されると良いでしょう。

3連クランプは価格が比較的高く、1個あたり700円〜1500円程度です。
製品や販売店によって様々な価格帯で販売されていますので、注意深く検討しましょう。
どちらも大量購入での割引や、中古品の購入等幅広い視野で検討し、より資金面でも仕様面でも納得して購入することをオススメします。

まとめ

今回は、単管足場クランプの組み方や使い方、価格や特殊なクランプの種類についてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。
足場クランプは種類によって形が異なり、用途によっては普段使用しない特殊なものを使用する場合もあります。
正しい知識と経験を積み重ねることで、より安心安全で満足度の高い施工を目指していきたいですね。

Youtubeついに解説!足場工事の未来chYoutubeついに解説!足場工事の未来ch

動画のサムネイル
  • 足場工事の基礎知識や最新テクニックを動画で分かりやすく解説!
  • 全国の優良足場工事会社の社長から経営&採用ノウハウが学べる!
  • 足場工事の仕事がどんどん増える営業テクニックも紹介!

動画を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

Youtubeついに解説!足場工事の未来ch Youtubeついに解説!足場工事の未来ch

動画をチェック!