足場工事マガジンは「足場工事会社の経営支援・営業代行・職人採用支援 職人定着支援」をサポートする足場ベストパートナーが運営しています。

足場ベストパートナー公式サイトはこちら

単管の足場組立手順を紹介【参考】

 

高所作業に欠かせない足場ですが、その足場の安定性を確保するためにはきちんとした手順・組立て方で枠を組み立てる必要があります。

その安全基準は「労働安全衛生法」で事細かに規定されており、人員の安全を確実に守るためにしっかりと理解しておかなければなりません。

 

今回は単管パイプを用いた足場の組立て手順についてご紹介していきます。

単管足場の安全基準

足場を組み立てる前に、労働安全衛生法によって定められている安全基準について確認しましょう。

 

  1. 脚部には、ベース金具を使用し、敷板、敷角、根からみ等を設ける。
  2. 壁つなぎは、垂直方向5m以下、水平方向5.5m以下とする。
  3. 建地間隔は、けた方向1.85m以下、はり方向1.5m以下とする。
  4. 建地間の積載荷重は、400kgfを限度とする。
  5. 地上第一の布は、2m以下の位置に設けること。
  6. 建地の最高部から測って31mを越える部分の建地は、鋼管を2本組とすること。
  7. 建地の間隔はけた行き方向を1.85m以下とすること。梁行き方向を1.5m以下とすること。
  8. 鋼管の接合部又は交差部は、これに適合した付属金具を使用して、確実に接合、又は緊結すること。
  9. 足場を架空電路に近接して設ける場合は、架空電路を移設するか、鋼管又は架空電路に絶縁管、絶縁覆等を装着すること。
  10. 壁つなぎは、座屈の防止、風荷重等の水平力を負担し、倒壊を防止すること。

 

上記のとおり細かく規定されていますので、足場を組み立てる前に現場の状況確認及び「組立図」の作成をおすすめします。

それにより、必要な材料の適正数量も可視化され、後の作業がやりやすくなります。

 

単管足場の組み立て方

現場の状況によって多少の変更は必要ですが、まず初めに足場の滑動や沈下を防止するため、地面の上に敷板・敷角などを設置します。

その上に、単管ベースと呼ばれる底が平面になった金具を基準にして、支柱(縦方向の単管パイプ)を垂直に組み立てていきます。

その際、支柱と支柱を連結させるための「根がらみ」という布材が必要になりますが、合板及び木製足場板のような長尺の敷板にベースを釘止めした場合には滑動防止及び沈下防止として効果が得られるため、敷板方向の根がらみを省略することができます。

足場の枠組みの大事な土台となりますので、現場の状況を確認してしっかり設置しましょう。

 

そして単管パイプ同士を直交クランプ等ジョイント金具を用いて枠を組み上げていきますが、クランプの締め付けトルクは標準(3.43kN・cm)の値でなるべく均一に締めることで枠組みの安定性を確保しましょう。
枠が組み上がったら足場板を渡し、単管に固定します。

 

ただし、安全上の理由から地上第一段目の足場板は2m以下に設置しましょう。建物からの距離や手すりについての高さ規定もありますので、適宜確認して設置します。

建物の外壁から足場を組んでいる単管までは「壁つなぎ」によって固定し、足場倒壊をしっかり防止しましょう。倒壊防止の措置としてもうひとつ重要な「筋交い」も忘れずに設置する必要があります。枠外へ斜めに固定するようにして補強します。

 

現場の状況により足場板同士の隙間が埋められない場合は、落下防止用ネット等の安全措置も義務付けられていますので、足場の組み上がりに応じて対応し、何れの場合も足場の倒壊・人員落下等の事故防止を第一に作業しなければなりません。

 

 

まとめ

足場の組立て作業には専門的な知識だけではなく、安全を守るための設置技術も必要になります。安全基準を遵守しながら、現場の状況・状態をきちんと把握して足場を組み上げていく正確性も重要なスキルです。

単管足場は重量も伴うため基礎となる土台から安定性を確保し、組み立て初手の段階から確実に安全である必要があると言えます。

 

足場工事作業員のイラスト

あなたの足場工事会社のお悩み相談してみませんか?

足場ベストパートナーの一員になって
あなたの足場工事会社のお悩みを解決しませんか?

  1. 全国100社以上の優良足場工事会社と提携可能!
  2. 「視察会」の参加で他の足場工事会社のノウハウを学べる!
  3. 「仕事不足」に困らない!横のつながりを強めて継続受注!

月額費・会員費0円!無料会員随時募集中!

特設ページで詳細を見る