足場工事マガジンは「足場工事会社の経営支援・営業代行・職人採用支援 職人定着支援」をサポートする足場ベストパートナーが運営しています。

足場工事の未来ch

足場職人が足りないときの募集方法4選

少子高齢化による労働人口の減少は、国全体でも無視できない問題です。
その中でも「建設業界の人手不足」は非常に深刻です。
中には外国人労働者を雇用している会社もありますが、文化の違いなど、対応しなければならない問題はたくさんあります。

そこで今回は、工事現場で稼働する足場職人が足りない時の募集方法と採用のコツをご紹介します。

 

Youtubeついに解説!足場工事の未来chYoutubeついに解説!足場工事の未来ch

動画のサムネイル
  • 足場工事の基礎知識や最新テクニックを動画で分かりやすく解説!
  • 全国の優良足場工事会社の社長から経営&採用ノウハウが学べる!
  • 足場工事の仕事がどんどん増える営業テクニックも紹介!

動画を見る

採用・定着のコツ

人手不足の解消のためには、若年層の足場業界への求職者数の減少に歯止めをかけるのが急務です。
そこで若年層に足場業界に興味を持ってもらったり、3Kのイメージを払拭して採用・定着へと繋げる必要があります。

例えば、愛知県の建設業界では高校生とともに保護者の見学会も実施しています。
工業高校の卒業生など若い人材を早めに確保しておくため、そのような取り組みを積極的に行なっているのです。

また、定着に向けて、長い労働時間、低い給与水準、福利厚生の不足といった待遇の改善が必須と言っても良いでしょう。

日本建設業連合会では「優良技能者手当」を設定し、優良技能者の年収を600万円にする目標に取り組んでいます。

そして、なんといっても社会保険加入は必要です。
国の直轄工事の元請けには必ず「社会保険加入企業に限定する」という方針も打ち出されています。

足場職人の募集方法4選

さて続いては足場職人を募集する方法を4つ、具体的にご紹介していきます。

1.周辺のコネを使う

急な人手不足の場合には同じ業界の会社同士のコネを使うのがよいでしょう。
また職業訓練センターや工業高校などにアプローチして若い人材を確保することも手です。
また地域のハローワークなどの連携も良いと思われます。
しかし足場業界はなかなか横のつながりができにくい、周辺にコネがないといった悩みも多いので、ベストな解決策とは言えません。

2.求人広告を出す

共通認識としておさえて置きたいポイントとして、いかなる求人であれ、求人募集していることをまずは知ってもらわなければなりません。
つまり、求人票・求人広告を見てもらうことです。

確かに足場職人の仕事を探している人がハローワークなどに足を運んで求人票をみることは比較的少ないですが、ゼロではありません。これは重要な事実です。

予想しているほど職人から求人応募の反応がないとしても、一人でも多くの求人を職人にみてもらう努力が必要です。
そのために使える媒体があれば積極的に掲載していくべきです。

そして、たとえみてもらえる人数が多くなくても、求人票をみた人が「この会社に応募したい!」と思うように広告を出し、求人票も魅力的にしておくことが重要です。

会社が検索された時にイメージを持ってもらうためにホームページの開設なども有効です。

3.マッチングサイトを利用する

他にもマッチングサイトを使うという手法もあります。
マッチングサイトとは案件と協力業者を繋げる役割をするサイトです。

有名なところですと請負市場CAREECONツクリンクなどです。
しかし、はじめてマッチングサイトを使う方は探し方や見極め方、業務の流れなどがわからないことが多いかと思います。
職人さんもやり方がわからない人が多いので丁寧なフォローやPR文に安心ができる要素を盛り込むことが大切です。

4.足場ベストパートナーへの無料登録がおすすめ

足場ベストパートナーは、職人が集まる仕組みを作り、足場工事業界の人材募集を支援しています。
やみくもにではなく欲しい人材に足場工事の仕事の価値を理解してもらい採用するための求人媒体選定原稿作成求人ツール・SNS活用、ブログ記事作成支援などを行います。

また、職人が定着しやすい経営計画レクレーション制度の構築個人面談教育など支援しています。

足場ベストパートナーは、足場工事業界のプラットフォームを構築し、成長している会社と協力して、取り組みや採用方法・経営方法などをホームページ上に記事にして公開しています。

無料で会員登録ができるので、ぜひ以下から登録してみてくださいね!

足場ベストパートナーの無料会員登録はこちらから

まとめ

建設業界の人手不足は深刻です。
新しく若い職人を採用したり、定着させるためには、建設業界の魅力をしってもらうとともに、3Kイメージを払拭する必要があります。
募集法方法には、業界のつながりを利用する方法、求人広告の活用、マッチングサイトの利用などがありますが、足場ベストパートナーへの無料登録が一番おすすめです。

Youtubeついに解説!足場工事の未来chYoutubeついに解説!足場工事の未来ch

動画のサムネイル
  • 足場工事の基礎知識や最新テクニックを動画で分かりやすく解説!
  • 全国の優良足場工事会社の社長から経営&採用ノウハウが学べる!
  • 足場工事の仕事がどんどん増える営業テクニックも紹介!

動画を見る

Youtubeついに解説!足場工事の未来ch Youtubeついに解説!足場工事の未来ch

動画をチェック!