足場工事マガジンは「足場工事会社の経営支援・営業代行・職人採用支援 職人定着支援」をサポートする足場ベストパートナーが運営しています。

足場ベストパートナー公式サイトはこちら

外壁工事の足場を組む費用・価格相場はどのくらい?

 

家屋の外壁工事において、地上から2m以上の高所で作業する場合には足場を用いることが法律上で義務付けられています。
大抵の外壁工事で高所作業が主になってくることから、工事予算に足場費用込みで見積もられることも少なくありません。
一般的な相場価格を知っておくと、業者とのやり取りがスムーズに行え、余計な衝突・議論等を未然に防ぐことができます。

 

そこで今回は、外壁塗装工事に係る足場費用の相場価格をご紹介していきます。

 

足場の種類による価格の違い

 

「工事費用をなるべく抑えたい」という思いは依頼者側として当然抱くことではありますが、足場は作業者の安全確保のため・作業効率の向上のためのみならず、家屋の所有者や依頼者にとっても重要な役割を担っています。
足場をきちんと組み使用することによって、自宅へのダメージを防ぎ、また近隣家屋への塗料飛散等を防止することができます。

 

ただし、足場にはいくつか種類があり、土地の状態や隣家との距離に応じてその使用形式は異なります。
形式が違えば当然費用も少しずつ変わってくるのですが、近年では専ら「くさび緊結式足場」と呼ばれる足場の使用が主流となっているようです。

一般的な2階建て家屋の場合、くさび緊結式足場で総額15万円から20万円程度が相場となっており、この金額を基準として捉えておくのが望ましいと言えます。

内訳として、

平均1m²あたり700円~1000円程度の足場代金+塗料飛散防止用ネット代1m²あたり100円~200円程度

という金額となっています。

 

もちろん施工する業者により多少の差異があるほか、家屋の状態により変動するものですので事前の見積もり等しっかり確認しておくことが重要です。

 

また、前述の通り足場の種類による価格の違いもあり、くさび緊結式足場が使用できない場合には「単管ブラケット足場」や「単管足場」が使用され、単管ブラケット足場はくさび緊結式足場よりも組立て・解体に手間がかかることから少し割高になっているようです。

反して単管足場の場合は上記2種類よりも比較的安価に使用することができますが、足場の安定性については少し劣るため隣家との距離が近すぎる場合にのみ使用されることがほとんどだということです。

 

 

その他足場代金が割増になる場合

 

基本的な足場費用の計算方法は

足場架面積(家の外周+8m×高さ)×単価(1㎡あたり)

ですが、土地の状態や家屋の形状によって割増になるケースもあります。

 

例えば、マンションや高層の建物の場合、同じ坪数でも2階建て家屋と同じ料金というわけにはいかず、1㎡あたりの単価が高く設定されます。

また高層階における足場の運搬方法の違いでも料金が変わります。
エレベーターがなく階段を使って資材を運搬する場合は、人件費等として運搬費用が追加されることが多いようです。

 

しかし、割高になるからといって「足場代無料」を謳う悪質業者に引っ掛からないよう注意が必要です。
足場費用を安く見積もりその他の経費にてその費用分を上乗せしたり、あらぬ言いがかりをつけ費用を割増する等の手口があるようですので、相場に見合った金額で施工してくれる業者に作業委託しましょう。

 

 

まとめ

 

足場費用の中には「人件費」「メンテナンス費用」が含まれていることも忘れてはいけません。
施工中を問わず足場を組んでいる間は、常に事故を防ぐため業者がメンテナンスを行います。悪天候で作業が中断した場合においても、作業中の家屋や近隣への被害が及ばないよう対策を講じています。

そういった費用も含まれていることを鑑みれば、15万円から20万円という相場価格は決して高いものではありません。
現場の状況に応じて適切な作業を確実に施工してくれる業者との綿密なやり取りも、足場費用を把握する重要な手段と言えるのではないでしょうか。

足場工事作業員のイラスト

あなたの足場工事会社のお悩み相談してみませんか?

足場ベストパートナーの一員になって
あなたの足場工事会社のお悩みを解決しませんか?

  1. 全国100社以上の優良足場工事会社と提携可能!
  2. 「視察会」の参加で他の足場工事会社のノウハウを学べる!
  3. 「仕事不足」に困らない!横のつながりを強めて継続受注!

月額費・会員費0円!無料会員随時募集中!

特設ページで詳細を見る