足場工事マガジンは「足場工事会社の経営支援・営業代行・職人採用支援 職人定着支援」をサポートする足場ベストパートナーが運営しています。

足場工事の未来ch

足場屋が国や銀行から融資を十分に受けるためのノウハウを紹介

資金調達は事業を存続させていく上で、とても重要な活動の一つです。
資金は会社の血液と呼ばれるぐらいですから、出来る限りその流れを途絶えさせないことが事業の成功に繋がります。
しかし、いざ国や銀行に融資を申し込むとなると、融資の審査に落ちてしまったり、十分な資金を借りられなかったりと、なかなか上手くいかないものですよね。

そこで今回は「足場屋が国や銀行から融資を十分に受けるためのノウハウ」についてご紹介いたします。

Youtubeついに解説!足場工事の未来chYoutubeついに解説!足場工事の未来ch

動画のサムネイル
  • 足場工事の基礎知識や最新テクニックを動画で分かりやすく解説!
  • 全国の優良足場工事会社の社長から経営&採用ノウハウが学べる!
  • 足場工事の仕事がどんどん増える営業テクニックも紹介!

動画を見る

足場屋が国や銀行から融資を十分に受けるためのノウハウを紹介

それではさっそくですが、足場屋が国や銀行から融資を十分に受けるためのノウハウについてご紹介していきたいと思います。

最も融資を受けやすいのは事業を始める前!

創業初期はある程度の自己資金と事業計画書があれば借りられる可能性が高いです。
特に創業初期は資金不足に悩まされることが多いため、事業を始める前のタイミングで融資を申し込んでおくのは有効と言えるでしょう。

また、過去に融資実績があった方が、次回からの審査も通りやすくなります。
無理に借りる必要はありませんが、事業が上手くいっていない時にお金を借りるのは難しいため、借りられる時にお金を借りておくのも一つの手段です。

融資額を小さくする

初めて融資を申し込む場合は、融資額が大きいと断られる可能性が高いです。
銀行に断られにくい融資額は「年商の1/2程度」と言われています。
特に銀行融資はチェックが厳しいので、自身の会社の規模や資産状況に応じた金額で申し込まないとまず審査は通りません。
事業を成長させて規模が大きくなり、融資を受けて返済した実績を積み重ねるほど借り入れできる融資額も大きくなっていきます。
融資を申し込む際の金額はなるべく小さくしましょう。

専門家を頼る

税理士やコンサルタントなど、融資に詳しい専門家に相談することで以下のようなサポートを受けることができ、融資を受ける確率を高めることが出来ます。

  • 適切な融資制度を教えてくれる
  • 融資に通りやすい事業計画書にブラッシュアップしてくれる
  • 相談した専門家が金融機関と繋がりを持っている場合は、少し有利に融資を進められる

日本政策金融公庫や商工会議所などに無料の相談窓口もあるので、融資に関する悩みを抱えているならば、まずは相談してみましょう。

税金などの支払いを確実に行う

税金や社会保険料、クレジットカードの支払いなどを滞らせないようにしてください。
融資審査で大きなマイナスになってしまいます。
信用情報は各金融機関で共有されているので、一旦信頼を失えば融資を受けることが非常に困難になります。
仮に信頼を失っても、滞納額が少なければ信用保証協会の保証付融資を受けられる場合もありますが、それは最終手段だと思っておきましょう。
本業に資金をつぎ込みたい気持ちはグッとこらえ、税金や社会保険料、クレジットカードの支払いなどは確実に行うようにしてください。

まとめ

今回は「足場屋が国や銀行から融資を十分に受けるためのノウハウ」についてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。
十分な融資を受けやすくするには「事業を始める前」に融資を申し込むことです。
創業初期であれば会社の将来性や事業計画書などが判断材料になるので、融資を受ける難易度がグッと下がります。
経営状況が悪い時に融資を受けることは難しいため、お金を借りられる時に借りておくのも一つの手段です。
ただし、創業初期以外でも融資額を小さくする等すれば借りられる可能性はあるので、まずは専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

Youtubeついに解説!足場工事の未来chYoutubeついに解説!足場工事の未来ch

動画のサムネイル
  • 足場工事の基礎知識や最新テクニックを動画で分かりやすく解説!
  • 全国の優良足場工事会社の社長から経営&採用ノウハウが学べる!
  • 足場工事の仕事がどんどん増える営業テクニックも紹介!

動画を見る

Youtubeついに解説!足場工事の未来ch Youtubeついに解説!足場工事の未来ch

動画をチェック!