足場工事マガジンは「足場工事会社の経営支援・営業代行・職人採用支援 職人定着支援」をサポートする足場ベストパートナーが運営しています。

足場ベストパートナー公式サイトはこちら

【足場工事】社員職人と請負職人の違いは?

足場の組立てや解体・足場を使った作業全般を担う作業労働者のことを一般的に「足場職人」といいますが、その足場職人の中にも「社員職人」「請負職人」という区分があることをご存じでしょうか。
どちらも特別な資格を持った作業者ではあれどその雇用形態や給与には明確な違いがあるようです。

そこで今回は足場職人における社員職人と請負職人の違いについてご紹介していきます。

 

請負職人とはそもそも何か?

「社員職人」と聞くと大体想像することができるかもしれませんが、「請負職人」は聞き馴染みのない言葉なのではないでしょうか。
請負職人とは、個人事業主として建設会社等と請負契約を結ぶ職人のことです。
つまり、外注職人として足場工事に従事するので会社に属している雇用形態とは異なるものとなります。
個人事業主というのは個人で仕事を請け負う人のことを指しますが、家族や従業員を雇い複数で事業運営する場合(チーム請とも呼ばれる)もそれが法人でなければ個人事業という区分になります。
特にその事業主のことを「親方」と呼び、見習い従業員を「子方」と呼ぶことが多いようです。

 

また、他の作業者を伴わず個人のみで請負事業を行っている人も多く、その場合は「一人親方」と呼ばれ、事業の運営や事務作業までを一人で行う必要があります。
足場職人の親方になるには相応の経験と専門知識、そして職長・安全衛生責任者という資格保有者であることが必須条件となっており、その資格を得るためにも足場に関する様々な資格を取得することが必要です。
親方の元での修業期間「子方」のうちに必要スキルと経験を積みながら、必須資格の取得をして独立すると晴れて親方と呼ばれるようになるということです。

 

社員職人と請負職人の違い

前項で請負職人の親方について触れましたが、社員職人に親方のような存在がいないというわけではなく、作業責任者というのはどの現場においても必要不可欠であることには変わりありません。
社員職人の場合は会社に所属している人のことを指しており、会社の形態によりますが「〇〇工事部部長」「〇〇課課長」等の役職が割り振られており、部門ごとの責任者を配置して役割を分担しているようです。

また、雇用形態が異なると給与形態にも違いが出てきます。
社員職人が「月給・日給制」なのに対し、請負職人は「完全出来高制」となり、完成した作業に応じた報酬が契約先より支払われる仕組みです。
多くの場合、社員職人よりも請負職人(親方)の方が給与が高く、責任のウェイトも高めであることがほとんどです。

 

なお、請負職人見習い(子方)については日給×日数で給与が支払われています。
請負職人であることのメリットとしては高収入が望めることと、自分のペースで請け負う仕事量を調整しやすいといったことが挙げられます。
ただ、その他業務についても自分で運営しなければならないため、足場関係以外の知識も必要となります。
対する社員職人は、収入面で見ると請負職人に劣る場合が多いようですが安定した収入を得ることができますし、会社のサポートを受けながら作業に従事できるといったメリットがあります。

 

まとめ

社員職人にしろ請負職人にしろ、作業者や現場の安全を守り円滑な作業のために働くという面において差異は全くありません。
また、どちらにおいても「見習い期間」があるので、その間の成長度合いからも「会社所属」か「独立の道」かを選択できる期間であるとも言えます。
自身の特性を良く理解し、会社での安定した仕事を選ぶか請負職人として独立するかを選択することが可能な職人業であるということです。契約を結ぶ会社にもよりますが、仕事量や収入について自分に合った条件を見つけることが重要だと言えるでしょう。

足場工事作業員のイラスト

あなたの足場工事会社のお悩み相談してみませんか?

足場ベストパートナーの一員になって
あなたの足場工事会社のお悩みを解決しませんか?

  1. 全国100社以上の優良足場工事会社と提携可能!
  2. 「視察会」の参加で他の足場工事会社のノウハウを学べる!
  3. 「仕事不足」に困らない!横のつながりを強めて継続受注!

月額費・会員費0円!無料会員随時募集中!

特設ページで詳細を見る