足場工事マガジンは「足場工事会社の経営支援・営業代行・職人採用支援 職人定着支援」をサポートする足場ベストパートナーが運営しています。

足場ベストパートナー公式サイトはこちら

足場職人になるには筋肉が必要?現場の声を調査!

足場職人になるには筋肉が必要なのでしょうか?
確かに筋肉が少ないと重い物を投げたり担いだりする足場は厳しいと感じてしまいます。筋肉が少ないと足場職人ができないのかな?と考えずにはいられませんね。

しかし実際のところ、仕事を始める前は筋肉が多くなくても問題ないんです!

この記事では、筋肉の少ない人が足場職人を始めても大丈夫かどうか、現場の声を徹底調査してみました!

 

全国の工務店&一般企業様は注目!

  • 今よりもっと優良な足場工事会社に仕事を依頼したい!
  • 今の足場工事会社に不満があるので変えたい!

と思っていませんか?

御社のご要望に完璧に応える優良足場工事会社を完全無料でご紹介!当社提携の全国200社以上の優良足場工事会社をご紹介!御社のニーズに合致した足場工事会社のみを厳選します!紹介料など一切かかりません!完全無料でご紹介!御社のご要望に完璧に応える優良足場工事会社を完全無料でご紹介!当社提携の全国200社以上の優良足場工事会社をご紹介!御社のニーズに合致した足場工事会社のみを厳選します!紹介料など一切かかりません!完全無料でご紹介!

優良足場工事会社と出会える
企業様が増加中!

今すぐお問い合わせする

足場職人はまずは「手元」から

足場職人のイメージは高い場所でも恐れることはなく、たくましく仕事をする勇猛果敢な人物かもしれませんが、実際はあなたが想像しているような仕事にすぐ入ることはありません。

アマチュアが突然登って足場で作業すると、転倒して怪我をします。
ですので、少しずつ仕事を学ぶのが基本です。
したがって、仕事を始めるときに筋肉がなくても、働きながら地道に筋肉をつけることができるのです。

 

足場職人になるとまずはじめに手元という役割を任されます。
手元とは足場職人の補助の役割をして現在資材を運搬する職人のことを言います。

補助と聞くと小さな役割の印象を受けるかもしれませんが、実際には、職人が次の作業をしようとしていることを常に念頭に置き、現場のスムーズな動きを維持するために入りたての新人がそういった場面で協力しなければなりません。
そのため、手元にあたる職人は、これから集中的に働きたい、あるいは逆に見習い中にある程度仕事を覚えたいという有望な人物に任せられることが多いです。

 

体力は必要!

足場職人になるためには筋肉は初めから多くなくても大丈夫ですが、体力ややる気は必要です。
体力がある方が良い理由は、新人の足場職人の仕事のほとんどが「求められている材料を手に入れる」ことなので、足場材料を巡って一日中走り回ることが多いです。

なので新人の時点で、体力がないと結構つらいです。
動いて疲れ切ってしまっていると先輩から仕事を学ぶ際にも集中することができません。

足場職人になる前に対策をしたい場合はジョギングをするなどして体力を強化しておく必要があります。
基礎トレーニングを積んでおけば、実際に現場で作業した時はるかに楽になりますよ。
現場で実際に作業する前に体力づくりをすると、集中力が高まり、作業も覚えやすくなります。

また、健康管理がしっかりできていることも大切です。
スポーツなどをやっていて体力、健康面に自信があるならば、積極的に活かしましょう。

 

筋肉があっても足場材料は重い!

仕事を始める前の筋肉量は仕事にそれほど関係していません。
しかし細くて痩せている人が足場材料を運ぶ場合は当然重いはずです。
しかし、どんなに多くの筋肉を持っているとしても、足場作業で使用しない筋肉は役に立ちません。

筋力トレーニングで筋肉をつけた後に足場職人になるべきだと思う人は、仕事で使用する筋肉を鍛えない場合、筋力トレーニングの意味はありません。
筋トレの代わりに現場に出て頑張ったほうが早いです。

足場職人になる前の段階では筋肉は必要ないと述べてきましたが
最初の日は猛烈な筋肉痛を味わうはずです。
次の日朝起きた時に全身痛すぎて身体が動かず、硬直してしまいます。
痛みが激しい場合は冷やして、痛みがなくなったところで、お風呂に入る。
そして、ストレッチをして、たくさん寝てください。

ベテランの足場職人でも筋肉痛になるくらいです。
先ほど述べたように、筋トレをしたところで、現場で使う筋肉とは全く異なることも。

足場職人はあなたの筋トレの限界を軽々と超えてきます。
どれだけ準備をしておいても筋肉痛を避けることはできませんし、現場に出て動くことの方が筋トレよりも必要な筋肉が付きやすいのです。

なので実際に働き始めてから筋力がつく、と考えておきましょう。

 

 

まとめ

何にでも当てはまりますが、多くの場合、事前に準備するよりも実際に始める方が良いでしょう。
永遠に先に進むことができない前に、自分に何ができないかを心配するよりも、とりあえずそれを始めて体験するというように環境を改善する方が早いでしょう。
筋肉トレーニングで筋肉をつけるよりも実際に現場で作業する方が速く、多くの筋肉が得られます。

 

足場工事作業員のイラスト

全国の工務店&一般企業様は注目!
御社のご要望に応える
優良足場工事会社を完全無料でご紹介します!

今よりもっと優良な足場工事会社に仕事を依頼したい!
今の足場工事会社に不満があるので変えたい!

と思っていませんか?

  1. 当社提携の全国200社以上の優良足場工事会社をご紹介!
  2. 御社のニーズに合致した足場工事会社のみを厳選します!
  3. 紹介料など一切かかりません!完全無料でご紹介!

優良足場工事会社と出会える
企業様が増加中!

今すぐお問い合わせする

優良足場工事会社を完全無料でご紹介!

今すぐ優良企業を紹介してもらう